マンションで点検作業

マンションのエレベータ点検とは

マンションエレベーター点検方法

マンションのエレベーターの不具合のリスクを最小限に抑えるために、定期的に点検を依頼することが重要なポイントとして挙げられます。特に、腕利きの技術者が揃っている専門業者にメンテナンスをお願いすることによって、住人の安全を確保することが可能となります。最近では、マンションのエレベーターの点検に必要な費用の相場や納期について、数々の住宅情報誌などに特集が組まれることが増えてきています。そこで、最新の物件の良しあしを見極めるうえで、いくつかの物件の管理会社の対応の仕方を理解することがとてもおすすめです。

エレベーター定期点検大規模改修

日本の建築基準法のもとでは、高さ31メートルを超える建築物には非常用昇降機(エレベーター)の設置義務が課せられます。また各自治体の条例によって5階から6階建て以上のマンションには設置を義務付けている例が多い状況ですので、一般的な物件であれば、ほぼ設置されている設備となります。マンションで暮らす住民にとって重要な設備であるとともに、安全面も高い水準で求められますので、年に数回の定期点検は欠かせない作業です。また年月を経過して老朽化した場合は、大規模改修によってエレベーターそのものを交換することで安心して使用を継続することが可能です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; マンションでのマナーについて All rights reserved